忍者ブログ
きらきら さらさら 流れていく日々のこと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ママ、ママが今行きたい国はどこ?」

「いっぱいあるよ~。台湾とか。韓国もいいな。
ハワイにも行ったことないからハワイも行ってみたいな。」

「ふ~ん、じゃぁ今まで行ったところで一番よかった国はどこ?」

「う~~ん、イタリアかなぁ。。。ドイツもよかったよ。」

「どこがよかったの?景色?食べ物?」

「全部。」




旅行番組を見ながらそんなことを子供たちと話していたら、
突然何かが吹っ切れた。


その国に行ったことのない人に、
例えばハワイに行った事のない人に、
ハワイの良さをどんなに熱く、言葉を連ねて語っても、
本当のハワイは伝わらない。




なんだそうか。






つまりはいくら周りがその本質、すばらしさを伝えても、
結局その場所へは、自力でたどり着く以外、ないのだなと。


伸ばした手を下げようと思った瞬間。
一気に気持ちは楽になり、気分爽快。



☆☆☆

先日、図書館で塩野七生さんの超大作、
ローマ人の物語の続きを探してた。
いったいどこまで読んだのか忘れてしまい、
何巻から借りたらいいのかさっぱりわからない。
もうすでに完結しているそうなのに。
空白の期間は5,6年あるはず。。。だなんて思いながら
棚の前に佇んでいたら
ふと目に付いたサイレントマイノリティ。
この本を読んだのも、確か10年以上前だけど、
なかなかおもしろく読み応えがあった一冊だった。
題名に惹かれて、久々に手に取ってみる。

サイレントマイノリティ。

いい題だなぁ。
心のツボにハマるフレーズ。

☆☆☆


塩野七生さんの著書は、まじめなものが多い。
でも難しくはない。
楽しいものもたくさんある。
銀色のフィレンチェ、緋色のベネチア、黄金のローマ
この3部作は特に大好きよ。
久々にいろいろ読み返したくなりました。


彼女の本を読んでイタリアに行くのと行かないのとでは、
きっと目に映る景色も全くの別物だったと思う。
須賀敦子さんもイタリアに関する様々な著作があるけれど、
彼女はちょっとペシミスティックで寂しいの。

塩野さんの本、またいつか行く時は、読み返してから行きたいな。








PR
[139] [140] [137] [136] [135] [134] [131] [132] [133] [130] [129]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
honeymint-tree
HP:
性別:
女性
A melody of notes
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone