忍者ブログ
きらきら さらさら 流れていく日々のこと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8月最後の日。
9月に入ったからといって、
いきなり秋になるわけではないのだけれど
8月31日は夏が終わる日。
この感覚は子供の頃からずっと残ってる。



マユの七五三の着物を見にいきました。

どうしても誂えてあげたいの、と
オットのお母さんからの
それはそれは、強い強い、希望。
ずいぶんずいぶん前から打診されてた。

七歳の着物なんて一生に1回しか着ないのだから、って
打算的合理的に私は思ってしまうのだけど、

一生に1回だからこそ!
と思うお母さん。

180度違う考え方だけど、間違ってはない。
どちらも。
だからありがたくお受けすることに。

マユの決断は見事なまでに早かった!
あれこれ楽しそうに迷うおばあちゃんを尻目に

「これがいい!」「こっちがいい!」「これとそれ!」

即決でした。

帰り道、ニコニコうれしそうなお顔が二つ。
よかったよかった、と思う。

橋の上から水中に藻が茂ってるボート乗り場を見下ろしながら、

「ここね、夜になると水の中から白い手が出てきて
引きづり込まれるんだって。オールとボートに藻が絡まって
動けなくなるんだって。」

「キャー!やめて~ママ!」

アヤの事を、即席インチキお堀怪奇伝説でからかう。


☆☆☆


叶わなくて、
泣いてしまったのだったな。
ちょっぴり。
1人で。
坂を下りながら。階段下りながら。
去年の夏の、雨降りの日。


時間の流れの速さと、長年の想いの不意打ちは
時々無防備な心のど真ん中にいきなりやってくる。
突然に。ただ、
本当は必ずしも突然ではないのだけれど。


見附の交差点まで下りてきて、立ち止まる。
左に行けば駅。
そして、

ん?!
そういえば。
間違いないっ!!
あのお店は、確かこの先ちょっと行ったところ!

とにかく大きくて、ジューシーな、
おいしいおいしいカキフライが出てくるお店。
末吉というトンカツ屋さんです。
すえきちじゃなくってすえよしさん。
(^^))

秋深まって、牡蠣の旬がやってきたら、
一人こっそり行くとしよう、
と楽しく画策。

今年の秋は、我が家の3きょうだいの、最後の七五三。
シンの5歳、マユの7歳。

その頃には皇居の紅葉もきっと見頃よね。
カキフライがっつり食べて、
紅葉見ながらウォーキング。

11月の終わり。
ウィークディの予定も1つ決定。



PR
[19] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
honeymint-tree
HP:
性別:
女性
A melody of notes
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone