忍者ブログ
きらきら さらさら 流れていく日々のこと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「お誕生日おめでとうございます。」

そう話しかける夢を見た。

周りには知らない人がいっぱいいた。
どこかの建物の広い部屋の中。
それよりも、本当のお誕生日は聞いたことがなく
知らないのに、でも夢の中の私は、そうだと思ってる。
夢っていつもこんな風につじつまが合わない。
夢っていつもそう。
姿は見た。でもお顔はわからない。
話しかけたのだけど。
声も聞かなかった気がする。

これから、というところで夢はいつも終わってしまう。
昼間に見た不思議な色のない夢。


☆☆☆

ここ数日、
行事と用事と運動で、モニョモニョ活動してた。
上手く気を回さねばいけないこともいくつかあり、
ちょっと疲れてた。
用事はすべて滞りなく終わってホッとする。
運動の疲労と筋肉痛は実はこの感覚が好きなので、
これはうれしいの。(マゾ)


明日は昼寝をするわ!と前夜決意してベッドに入り、
そして翌日、それを実行すべく、
さっさと家事を片付けて、ベッドにもぐりこんだのだった。

本を持って。(あいかわらず江戸時代系)
CDも持って。(ダイアナクラール)

江戸時代&ジャズボーカルはアンマッチ?
でもいいの。両方好きだから。



自分はこんなにつらく悲しいのに、
まるで何事もなかったように
夜は明け、お天道様は登り、
納豆売りの声が聞こえ、
井戸端から朝餉の支度をする女達の声が聞こえてくる
仕事に出かける人々の往来の下駄の音がする
昨日と全く変わらぬ一日が始まり、過ぎて行く


平成の人が書いた小説だけど、
それでもやっぱり昔の人もこういう感情に身を浸す事は
誰しも人生に何回かは経験してきたのだろう。
昔も今も、どんなに文明が発達しても、
そういうのはきっと変わらない。

主人公の気持ちのそばに、しばし佇んでいるうちに、
そのまま数ページも読まず眠ってしまったよ。


朝と違って、昼寝の目覚めって、
どうしてこんなに気だるいのだろう。
目が覚めて、しばし今見た夢の事を考えていた。
明るくて、そうかまだ昼なんだと気付く。
しばらくそのまま、頭と体の感覚が戻ってくるまでじっとしてた。


今日は4時間。もうすぐ子らが帰ってくる。
午後友達呼ぶって言ってたなぁ。
寝起きの顔、ヨレているはず。
直さねば。買い物も行かねば。銀行も。
だんだん頭が動き始める。気だるさだけは、しばらく続く。



あぁ 元気かな




narrow daylight、 A look of love、you got under my skin、

ダイアナクラール、この3曲は特に好きよ。



夏椿。

はらりと梢から落ちてくるところに遭遇すると
ハッとして胸を突かれる。
はかなくて、可憐な花。
PR
[100] [96] [99] [98] [95] [97] [94] [93] [91] [90] [89]
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
honeymint-tree
HP:
性別:
女性
A melody of notes
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone