忍者ブログ
きらきら さらさら 流れていく日々のこと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4月から、週に1~2回、夜及び夕方に通ってるバレー。



晴れて気持ちのいい火曜日。
初夏の素晴らしさを凝縮したようないい匂いのする今日は、
ゆりこちゃんママと一緒に駒沢体育館まで
FC東京主催のバレーボール教室へ行って来ました。
都内の成人女性を対象にした教室で、
私たちと同世代から、東洋の魔女世代!まで
60人近いメンバーでの合同練習でした。
ビジターだった私たちなのだけど、すぐに溶け込めて、とにかく楽しかった。
経験者対象なので、皆さん現在、どこかの何かのチームに所属されていらっしゃる方たち。
熱気ムンムンで、やる気マンマンで、
すごくいい感じの活気あるオーラが、体育館中に漂っていました。
そこにいるだけで、自分の身と心にも、
何かこう、熱いものがしみこんできて元気になるような、そんな感じ。

そして、現役クラブチームのコーチングは、さすが!
20年以上ぶりに再開してからまだひと月もたっていないから、
身体を動かすことで精一杯だったのだけど、

今日は、

「リアルタイムのボールに身体を動かしこなしつつ、
同時に脳は次の行動の予測をし、こなしたら即、
瞬時に次の行動に移ってる。」

現役時代はやってたけれど、すっかり忘れていたコレを思い出したのは、大収穫だったよ!
そうそう。脳みそも使わなくちゃいけないのよ、と。

中学高校時代、部活で得たものものは大きかった。
間違いなく、自分にとって、ものすごいプラスになってると思う。
でもすごく苦しくてつらいことも多かったんだよね。
体が、ではなくて精神的に。非常に。
だから引退した時は、達成感とともに、ものすごくホッと、
安堵もしたのだったわ。

思いがけず再開することになったのだけど、
はじめてみたら
新しい出会いがあって、
今日みたいなすがすがしい熱気の中にも混ぜてもらえて、
体を動かす楽しさを思い出し、味わえてね、
なんだか長いブランクを経て、あの中学高校6年間の部活の日々から
利息付でご褒美をもらった、そんな気分よ。
あの頃は当然ながら、今自分がやってることが、
未来の自分の人生にどうつながっていくのか、だなんて
当然考えもしていなかったけれど、
人生のまんなかで、いろいろ振り返る事もできる時になった今、
なんていうか、こう、
そういう糸の筋、みたいなものも見えるような気がするよ。

部活は趣味となり形を変えて、
今度はそこを起点に、また新しいいろんな事、人との出会いが待ってる、
そんな感じかなあ。


二人で昔の思い出話などをして帰る。
(部活に関しては、学校が違ってもほぼ共通内容)

~中学の時って、理不尽なことも多くなかった?

~ うんうん。多かった多かった。

~ 先輩にボールを拾わせちゃいけないとかね。

~ そうそう。ワンバウンドで会釈して、お願いします、と言いながら渡すとかね。

~ 私なんて、玉拾い中に足をちょっとでも「休め」の体勢にするとね、
生意気、とか言われるから足そろえて直立不動だったよ。

~ わかるわかるーーー!水も休憩以外飲めなかった。

~ 本当に上手かった先輩は意地悪ってしなかったけれど、
  中途半端な位置にいる先輩っていやみっぽくなかった?

~ そうそう~!

~ 中学だけだったんだよね。あのわけわからない陰険さは。
  高校の先輩は、厳しさは格別だったけれど愛があって優しくもあったし、
  理不尽なことは一切なかったもん。

などなど、話しつつ駅へと向かい歩いていたら、
向こうからガタイのよい、男の子達の集団がこっちに向かって歩いてくる。

それをさりげなく観察しつつ、(ここからはちょっと小声。)

~ 大きいね。

~ うん、大きいね。

~ バレー部かな?

~ ん~~、ちょっと違うような。。。バスケじゃない?

(縮まる距離。そしてすれ違う)

~ そうだね。バレーじゃないね。バスケだね。きっと。

雰囲気と姿勢と、かっこ(ジャージのディティール)で
男バレと男バスを見分ける眼力があるのもおそろいでした。

☆☆☆

まぁとにかく、来月の試合、がんばりましょう。




陸上競技場と体育館の間の池に、
カルガモの赤ちゃんが泳いでいました。
キュート♪
PR
[95] [97] [94] [93] [91] [90] [89] [87] [86] [85] [84]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
honeymint-tree
HP:
性別:
女性
A melody of notes
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone