忍者ブログ
きらきら さらさら 流れていく日々のこと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

風に葉っぱとお花の匂いが溶けている五月。

いつものあそこまで、今日は自転車で行ってみようかな、
といつも思い立ってはいても、思い立ってただけで、
実行に移していなかったことを実行してみることにしました。

道はわかってるので、一時間もあれば何とかなるかな~、
とサイクリングにはちょうどいい距離だわ、と出発。

気持ちよかった。

でも。

すっかり忘れていたの。

東京のあの辺には、山の手という呼び名もあることを。


九段坂に差し掛かった時に思い出して、苦笑い。
九段坂。そう、坂なのよ。それもかなりの急勾配の長々とした坂!


私のチャリは電動じゃない、普通の自転車よ。
おうちのまわりも橋が多い場所だから、
必然的にアップダウンは多いのだけど、
足腰も鍛えられるし、自分を甘やかしてはいけないわと、
あえて普通のを選んだの。
この4年近く、前後に二人を乗せて走り回ったから、
だいぶくたびれてきているし、あちこちガタも来てる。
もうすぐ買い替えるつもりなのだけれど、
次ももちろん、普通のマニュアル車。
おばあさんになってもおそらくきっとそう。(^^)

九段坂、さすがにきつくて押しました。
押してても相当息が切れました。

坂が多い街に住んでいると自転車に乗る意味がなくて
乗らない、乗れない人が多いと聞くけれど、
確かにもし私も九段エリアなんかに(住めるはずはなくとも)
万が一住んでいたら、乗らないだろうな~と思ったわ。

でも牛込エリアの坂は、何とか下りずにクリア。
ジムの負荷の多いトレーニングしてるみたいだった。。。
予想通り、1時間弱で到着。

帰り道は、ついでだから久しぶりに寄り道を、
と思い、ドイツパンのベッカーへ。

ところが!
確かこの道沿いの、この辺りにあるはずなのに、
お店がないの。
おかしいなぁ、気のせいかなぁ、もう少し先かなぁ、
なんてテレテレ走ってるうちに、
カルミネさんのお店の前までやってきてしまい、

おかしい。ここまでくるはずはないっ。もしや閉店?

と方向転換したところで
ランチの開店準備前の打ち合わせ中の
カルミネさんをお見かけする。(ピッツェリアの方。)
生のカルミネさんをお見受けしたのは結婚前だからかれこれ
14,5年ぶりのはずなのに、
昔と何にも変わっていらっしゃらないことに感銘を受け、
数秒間見とれてしまいました。


引き返してもベッカー、見つからないので携帯で調べたら、
住所が神楽坂の坂の方になってた。
あぁお引越しね、と場所を確認して、改めて出発。

坂の中ほどに、きれいに、以前より広々としてありました。
奥の方では窯で3人の職人さんが汗びっしょりになって
元気にパンを焼いてた。

でもレジの女性、無表情。シャイなんだろうか。。。

パン屋さんにパンを買いにいくって
私には、行くときも、選んでいるときも、家に帰るときも、
すごくウキウキすることなのだけど、
お店の人の機嫌や漂わせてる雰囲気って帰り道のシアワセ度に
単純な私には、けっこう影響する。
美味しいもの売っている場所には、
愛想じゃなく無表情でもなく、愛嬌。
やっぱり漂っていて欲しいな~。

そういえば買う時に、変な緊張までも沸いてきてしまうような
愛嬌のない販売員さんのいる、
「パティスリー」というかっこいい名前のついたケーキ屋さん。
ポツポツあるものね。

ああいうお店でケーキ買うよりも、近所のいつもニコニコ和やかな、
おじいちゃんおばあちゃんのやってる小さな和菓子屋さんで
うぐいす餅買う方がよっぽどシアワセ。




ドイツのパンが好き。
日本のパンも、フランスのパンもだけどね。


PR
[94] [93] [91] [90] [89] [87] [86] [85] [84] [83] [82]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
honeymint-tree
HP:
性別:
女性
A melody of notes
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone