忍者ブログ
きらきら さらさら 流れていく日々のこと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とある地銀の入行式に、今年は親も参列、
という記事を読んで、なんだかもう、びっくり。。。

親の席を用意したことについて、

『大切なお子さんがどんな人間と仕事をしているのか、見ていただく事は
いい事だ。』というのが銀行の説明するその趣旨。

雇用者と被雇用者の「親」、保護者ではなく「親」よ。
その双方の利害が一致したということなのかな。
新入社員の親は間違いなく顧客か、もしくは近い将来の顧客だから
お客様サービスの一環なのかも。。。。
それにしても、そこまで至れり尽くせりする意味はどこにあるのかしら。
やっぱり何かが狂ってきてる、と思ってしまう。

会社を休む連絡を親が入れてくるとか、
残業する子供の上司にクレームつけるとか、
ごくごく特殊なマイノリティだろうけれど、いるんだろうなぁ。



話は変わって。

~最近の若いやつはすぐ辞めちゃうんだよな~

オットが以前、ポロッとこぼしていたけれど
この事は周りの友達に話すと、みんな、
「そうみたいね~。うちのダンナも言ってたよ」と口をそろえる。

せっかく入った会社を辞める人はどこの時代にもある程度はいる。
体を壊してしまうとか、それ以外にもどうしても辞めざるを得ない事情っていろいろある。

でも簡単に、

もうやってられねぇ~!とか、
つまんないから、
怒られたから、
思ってたのと違うから、って

せっかく入った会社を、入ってたかが数年のうちに
ぶち当たる壁で、踏ん張らずに短気を起こして
自分というものを勝手に過信して辞めてしまうことは、
本当に大きな危険をはらんでること。
こんなはずじゃなかった、って思う事になってしまった人、
少なからずいるのではないかな。
転職が人生のステップアップ、右肩上がりモードになる人というのは、
辞める時の理由がまったく違うと思うもの。
世の中楽しいだけの仕事なんて存在しないよね。
財産が蔵の中でうなっているような、お金の心配がないような人は
それでもいいのでしょうけれど。




忍耐、というものも、
これから我が子へ身につけてほしいものリストに加えねば。




PR
[87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [77] [78] [76] [80]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
honeymint-tree
HP:
性別:
女性
A melody of notes
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone