忍者ブログ
きらきら さらさら 流れていく日々のこと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

NHKの解体新ショー。

いつの間にか、ついつい見てしまう番組のひとつになってしまったわ。


スターを見ると、キャーというのはなぜか。
どうしてお風呂に入ると指がふやけるのか。
シアワセ太りは存在するのか。

いろいろな、人間のカラダの素朴な疑問、
そういうのを科学的根拠に基づいて披露してくれる。

ちょっと前は、男性のシアワセ太りに関することでした。

結婚すると男性は太る、と言われているけれど
そこにはちゃんと科学的根拠があるのだそうよ。

パートナー、つまりオクサマもしくはカノジョとの関係が
うまくいってる男性は、
男性ホルモンの1つテストステロンの分泌が減るのだそう。

なぜかと言うと2人の関係が安定期に入るとね、
キモチが落ち着いてしまい、
メラメラメラメラ~~~~と、
心の奥底から燃ゆる何かの炎というか、そういうもの、
つまり男性ホルモンが減少してしまうのだって。
その男性ホルモン、テストステロンには
体を筋肉質にするのに作用しているから、
テストステロンが減る→筋肉が減る。→代謝が落ちる。
そして、太りやすくなる。

こういうメカニズムなのだそう。
へ~~~と思いながら見ていた。

この日はね、
独身もしくはカノジョナシの男性グループと、
既婚もしくはカノジョありの男性グループとで

唾液中のテストステロン濃度を調べると言う検証もやっていたの。
そしたら、本当に後者より前者の方がテストステロン濃度が
高かった!

しかし例外がお二人ほどいらっしゃった。
それは、アンガールズのお二人。

お二人は前者のグループだったのだけど、
なぜか、テストステロン濃度は低かった。

ご本人達曰く、
「確かにカラダを鍛えても、筋肉があまりつかないんですよ」
との事。

男性ホルモンが筋肉作製に関わってるというのも本当なのね。
でも自分の中高生時代を思い返しても、
女の子の中でも、同じトレーニングをしていても
筋肉がつく子とつきにくい子っていたわ。
女性にだって男性ホルモンは微量だけど存在するそうだから、
今になって「なるほど~そうだたのか~。」なんてことも思う。

この日のゲストの誰だったかが、
検証をしてくれていた先生にこんな質問のしたの。

「シアワセ太りした人のテストステロンは、もう増えたりしないのですか?」

そしてその回答。

「いいえ。別れたり離婚されたりなさると、また臨戦態勢に戻りますから。。。。増えます。」


はははっ!

私も思わず笑ってしまったけれど、スタジオのゲストの人たちも
みんなミョーな表情でニヤニヤッと笑ってました。

でも筋肉は大事よね~。殿方のみならずオナゴ衆も。
35過ぎたら筋肉を増やさなくてもいいけど
減らさない努力をしないとたるむ一方だもの~

最近はおうちで加圧トレーニングと、
最近流行の腰まわし(笑)も実践中。

Tさんが、タヒチアンダンスをはじめてから
もともとスタイルがよいかただったけれど、
さらに引き締まってホントに見事なナイスバディ!
腰まわしってあまり信じてなかったけれど、
きっとやっぱりこれは侮れないのだわ!と真剣に取り組む私。
でも最近は手っ取り早く、ジョーバが欲しいなんて思っちゃう。(笑)

しかし、ただただ筋肉を育てる為に、筋トレして
マッチョになってる男性って苦手~
筋肉質な自分が好きで筋トレする人って、
貯金に例えると、
貯金が好きでただただ貯金する人みたいな感覚なのかしら?
通帳の残高チェックが趣味で、
増えるのはいいいけれど、下ろしたりして減る事は許せない、
みたいな。エンドレスな趣味だ。。。
と言うのはあまりにも過激な例えですね。(笑)
でもやっぱり、

何かスポーツ(仕事)にコツコツ打ち込んで、
ふと気付いたら筋肉(お金)がほどよく貯まってた。
根性もついでについていた。
時々要領よくサボることもしつつ。
一石二鳥。

と、こんな風なのが理想の殿方だわ。


とにかく運動の秋。
鍛えすぎて付き過ぎて太くなる、なんて事にはならない程度に
カラダを動かさねばっ


PR
[27] [26] [25] [24] [23] [22] [20] [19] [17] [16] [15]
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
honeymint-tree
HP:
性別:
女性
A melody of notes
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone